院長あいさつ

院長挨拶 

氏名:松葉眞

私は41年前の追突事故により脳脊髄液減少症を発症しておりましたが、そうとは知らずにむち打ち症(頚椎捻挫)で調子が悪いということで医療機関と代替医療に頼っておりました。
27年後の52歳になってようやく脳脊髄液減少症と判明しブラッドパッチを受けました。しかし、その後も苦しい症状が残ったため、現在まで41年間もの闘病生活を送りましたが、
その過程で出会った、ジェネティクス、メタトロン、トルクリリーステクニック、オリキュロセラピー、マイクロカレントなどで健康を取り戻すことができました。
私自身の40年を超える患者人生とと30年近い治療家としての経験を生かして健康回復のお手伝いをさせていただいています。

資格 :柔道整復師、ホルダー研究所認定トルクリリーステクニックインストラクター、ジェネティクス米国本部認定プラクティショナー・カイロプラクター、食事療法・心理療法(メンタルトレーニング、催眠療法)習得

平成3年9月23日治療院開業

以前の勤務先:日本電信電話株式会社(NTT)、職種電気通信技術者

誕生日:1952/7/27八尾市生まれ

星座 :獅子座

血液 :O型

既婚 :四人家族(子供二人)

趣味 :エレキギター・ボクササイズ・音楽鑑賞

◎脳脊髄液減少症の症状をwikipediaからコピーペーストしたものです。

頚部痛、全身倦怠、起立性頭痛、背部痛、視力障害、視力低下、視野異常、羞明、視覚異常、めまい、吐き気、聴力障害、顎関節症、頭重感、坐骨神経痛、上肢痛、顔面痛、筋肉痛、腰痛、肩甲骨間痛
脳神経症状、聴神経、耳鳴り、聴力低下、聴力過敏、耳閉感、
三叉神経、顔面違和感 (顔面しびれ・顔面神経麻痺)、開口障害 (顎関節症)、
迷走神経、自律神経障害 (動悸・発汗異常・体温調節障害・腸管運動障害等)、目のぼやけ、眼振、動眼神経麻痺(瞳孔散大)、眼瞼下垂、複視、光過敏、外転神経麻痺、味覚障害、嗅覚障害、咽喉違和感、発声障害、嚥下障害、
高次脳機能障害、集中力低下、思考力低下、記憶力低下、鬱、睡眠障害、
内分泌障害、月経異常、インポテンツ、乳汁分泌等、免疫異常、易感染症、アレルギー、
易疲労感、食欲低下、電磁波過敏症、意識障害、無欲、小脳失調、歩行障害、パーキンソン症候群、認知症、上肢のしびれ、神経根症、直腸膀胱障害、頚部硬直、慢性脱水症状、痩せなど、多様な症状が出現し得るとされる。